トップ > 全県一覧 > 

[福岡] 3列シートの旅/野田家の場合

[福岡] 3列シートの旅/野田家の場合

楽しいけど大変な家族旅行!
方向音痴の夫、男前の嫁、優しい息子にファンキーな娘。
そんな4人が家族で楽しめる九州のスポットを紹介します!

 

みなさんお元気ですか??

最近Sonをソンッって読んだ小卒ライターことズートリ野田です。

 

突然ですが

 

家族で旅行って

友達や彼女や一人旅とは違う

楽しさや大変さがあるよね!

 

僕は2歳と4歳のこどもがいるんだけど

佐賀に波佐見焼なんて見に行こうものなら警戒レベルは最大。

 

もう、食器に見に来たのか子供見に来たのか分からんくなる(笑)

笑いあり涙あり迷子ありの家族旅行。

 

本コラムは、僕が九州を家族で旅行したドタバタトラブル旅行を記したものです。

皆さんの旅に少しでも役立てれば光栄です。

 

 

 

 

まずは登場人物をご紹介

 

 

ようすけ
野田家の大黒柱。近所でもたまに道を間違えるほどの絶望的な方向音痴。
フリーのウェブデザイナーだが仕事の3割くらいはこういう記事を書いている。

 

 

みほ
地震が起きようが旦那が仕事やめようが動じぬ女。必ず僕よりも前を歩く、迷子のこどもを見つけて親を見つけるのが得意。

 

 

はるみち
僕を倒すために様々な武器を開発する4歳児。
尊敬する人物はゲゲゲの鬼太郎。休日はリビングにダンボールハウスをつくる。

 

 

みそら
魔の2歳児。気に食わないことがあると容赦なく噛み付く。
小さな暴君。最近の口癖は「くっせっ!」

 

 

 

 

 

 

今回の舞台は九州最大の都市「福岡」

第一回の舞台はどこにしようか??

この企画が立ち上がった時、僕は考えた。

 

元々、超インドアの僕。

休みの日はツタヤで映画を5本借りて一日で見るような男。

 

ここは行動派女子の嫁に相談しよう。

 

wwww


うーん。最初の記事なら一番人が多い福岡とかいいんじゃない?

 

福岡か…

九州で一番人口が多く、福岡市の経済規模は横浜に次ぐ5位(なんと京都よりも上なのだ)まぁ悪くない選択だな…

実は起業率も非常に高く、若手起業家にとって整備された環境や…

 

wwww


そういうのいいけん。行こう。

 

そうして、家族で福岡旅行が決まった!

 

※ちなみに、後日TouchYourQは九州の圏外の情報

つまりマイナーな情報を伝えるメディアと知り編集長より

「超どメジャーやんけ!」と盛大にツッコミを受けました。ゴメリンコ!

 

 

 

 

 

 

家族旅行で一番大事なのは「計画」であるッ!

 

「結果は準備で8割が決まる。」

 

なんか凄そうな人の本に書いてあった言葉だ。

 

あるクリスマスの出来事を語ろう。

 

僕は彼女の誕生日、

計画を一切立てずに挑んだ結果

18時になっても部屋で何もせずに過ごすという地獄のような状況に陥った。

 

無言で僕に圧を送る彼女のプレッシャーに耐えられなくなり

なぜか僕は寝落ちしてしまったのだ。

 

いまでもなぜ寝てしまったのかは全く理解できない。

人体の不思議。

 

ちなみにその時の彼女が今の嫁である。

 

 

さて、今回の旅行の計画はこうだ!

 

①とりあえず昼ごはんを食べて

②暴君の娘がお昼寝中に福岡へ移動

③アウトレットモールマリノアへ

④マリノアで開催されている千年夜市で遊ぶ

⑤マリノアで夜ごはんを食べて、近くの温泉に入る

⑥こどもを帰りの車で寝落ちさせる

 

ハハッ!完璧じゃないか!

これぞ親も子供もストレスフリーのマスタープラン!

 

 

 

 

 

 

思い通りになると思うなよ…

 

さぁ!楽しい福岡旅行の出発だ!

旅の荷物を準備して、よし!行くぞぉ〜!

 

キャッキャッキャッキャッ

 

そう、こどもはパッショニスト。

いまやりたいことを!やりたいときに!やりたいだけやる!

 

この砂みたいな粘土手にはつかないけど、細かい隙間に入り込む凶悪なアイテムなんや!

 

進む時間!狂う予定!

 

クッ!このままでは、このコラムも福岡とんぼ返り旅行記になって編集長から絶対公開OKでないよ!

 

しかし、

元保育士の嫁は冷静に時に荒ぶりながら、

子どもたちを外出へと導いていく。

 

そして無事外出。

 

野田家のジャンヌ・ダルクさまありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

家族で楽しむSAメシ【広川インター編】

 

時間が押していたため、本日の昼食は高速のSAでメシを食うことにした。

 

ここは広川SA。地元のウマそうが並ぶ場所である。

 

こんな感じの情緒を感じるレストランもあるよ!(ほとめきとは?)

 

こどもたちが「ちゅるちゅるを食べたい」という要望に答え今回はフードコートでラーメンを食べることに。

 

ちなみに久留米ラーメンはストレート麺のとんこつ味、博多ラーメンよりも濃厚って言われているよ!こってり好きにはたまらん味ですね!

 

僕は突如たべたくなった鯖寿司を買った。

めっちゃうまかったけど、ラーメンとの食い合わせは70点といったとこだろうか。

 

子供用の食器もたくさんあって、テーブルとの間隔も広くて家族でも過ごしやすいSAでした〜

 

ちなみに奥に歩いていくと「犬のひろば」なる場所があり

移動でストレスフルなドッグたちのホットスポットがあった。

ワンちゃんと旅する人はぜひ!おすすめ!

 

 

 

 

 

マリノアに到着!千年夜市でお祭りワッショイ!

 

この日、マリノアでは「千年夜市」というお祭りがあってた!

これは子供も楽しめるでぇ〜!

 

「ひろゆきにブチ切れられたお店」と言う店があった。

不思議な宣伝もあるもんだ。

 

娘は思春期まで足りんばかりの髪ゴムをゲットした。

100円でこの量である。

 

息子はスーパーボールを、

こちらも異常に気前のいいおじちゃんが袋いっぱいにおまけしてくれた。

なんとも優しいお祭り!

 

この日は夏日の炎天下。

かき氷食べるしかないっしょ!

 

蜜は夢のかけ放題!

息子よ!好きなだけぶっかけたまえ!

 

七色のかき氷を夢中で食べる子どもたち。

いやはや、こどもの嬉しそうな顔は父親のご褒美ですな。

 

そして夜市をウロウロしていると、

遠くの観覧車をみてこどもが一言。

「あれ!のりたい!」

 

と、いうことで観覧車へ向かうことに…

 

 

 

 

 

 

 

マリノアを家族で楽しむ方法

 

僕ら家族は観覧車の下に到着。

よし!のるぞ!

と意気込み券売機に

 

「1000円か…」

 

まぁそこそこ高い。

でも思い出はプライスレス!ってどこぞのクレカのCMで言ってたよね!

 

と思いながら思い出の種をお金で買った。

 

僕が誕生日の月だったので、通常一周のところを二周回れることになった。

ラッキー

 

福岡の海と街並みを一望できる観覧車。

子どもたちの目はキラキラ。

 

写真を撮ってる僕のマネをして、二人で嫁の携帯を奪い合っていた。

 

ドリンクホルダーがあったり

 

エアコン完備だったりと

さすがのおもてなし、夏場の観覧車って軽い拷問だからね!

 

さて、観覧車を降りると

既に日が暮れ始めていた。

 

せっかくアウトレットに来たんだから

お得なアイテムもゲットしたいのが大人の本音である。

 

しかし、子供にとってショッピングほどつまらないものはない!

 

そこで、僕らは「子供と遊ぶ係」と「エンジョイショッピング係」で分けることに。

 

まずは僕がエンジョイショッピング!

よっし!変なTシャツとか買っちゃうぞぉ〜!

 

 

 

 

 

30分後、

僕は迷子になっていた。

 

そう、マリノアは方向音痴にとって迷宮。

 

「くっそ!またTOMMYのところに出てきちまった…」

 

僕は3度目のTOMMYを駆け抜け時計に目をやった。

 

「まだ何も買っていないのに…残り5分だとッ??

こんなことって…あるかよッ!!」

 

その時だった。

見覚えのあるロゴマークが

 

「X-LARGE」

 

ここはゴリラのTシャツが大量に売ってるお店だ(偏見)

 

「神よ感謝します」

 

僕は、入店した。

 

あるわ、あるわゴリラのTシャツ。

オシャレゴリラにかわいいゴリラ。

 

僕はチンパンジーのように物色を続けた。

 

そして、店長さんに声をかけられたのだが

まさかの僕が約15年前に通っていた地元のX-LARGEの店長さんだったのだ。

 

奇跡。

 

そりゃ話し込むでしょう。

めちゃくちゃゴリラのTシャツに詳しかった。

 

その時、

突然鳴るアイフォーン!

 

そう、ショッピングタイムを大幅にオーバーした僕に嫁さんからの着信。

 

「一体あなたはどこにいるの?」

 

迷子になったこと、そして奇跡の出会いがあったこと

ゴリラのTシャツを2枚買って嬉しかったことを伝えた。

 

嫁は許してくれた。

さすが心の広さがマリノアやで!

 

 

 

 

 

 

 

子連れにはやはりフードコートが楽園

僕の大幅なタイムオーバーにより、夜ごはんを食べて

子供と遊んでいる間に嫁さんがエンジョイショッピングをすることに。

 

え?フードコートに遊ぶところがあるかって?

それがあるんですよ!

 

なんか、おっきいスクリーンに魚とか野菜とかがふわふわしてて動きに反応するという子供の心を総取りする謎のスペースがあるんだよ!

 

とりあえず嫁さんに急いでカレーをオーダー。

なんか全体的にインドの人みたいなってワロタ

 

そして、僕が子どもたちと遊んでいる間に嫁さんはショッピンタイム。

 

ちなみに僕は

こどもと遊んでいると知らない子供によく攻撃される。

例に漏れずこの日も30分もすれば、ちらほら回りで攻撃の機会を伺うこども達と目が合いはじめる。

 

なんだろう?前世が高く売れる動物とかだったのかな?

 

 

子どもたちの攻撃を躱しつづけていたら

嫁さんほっこり顔でご帰還。ナマステ~

 

 

 

 

 

疲れた体を癒やすのはいつだって温泉だね!

 

帰り道にあった「ふくの湯」にいきましたー

http://www.fukunoyu.com/sawara/

 

ご飯を食べるところもあってめっちゃ賑わってました!

奥には畳の大広間もあったよ!

 

僕は息子と

嫁は娘と温泉へ

 

炭酸湯やら洞窟の温泉やら

子供も楽しめる温泉でした!

 

最近のスーパー温泉はアトラクションですな。

 

余談だが息子は温泉に入ると必ず

「泡を捕まえるゲーム」をするのだが

最後の判定で息子が泡数を数えるので僕が一生勝てない仕組みになっている。

 

 

 

 

 

 

 

どんなに眠くても、家に帰るまでが家族旅行です。

 

さて、大人の最後の大仕事。

疲れ切った夜の高速移動です。

 

すやすや眠った子どもたちを乗せて

単調な道のりをスイスイ進みます。

 

いや、これ超眠たいよね。

 

モンスターエナジー飲んで

嫁としゃべくり倒して乗り切るのが僕のいつものパターンです。

 

そして、今回は喋りに夢中になりすぎて高速を降り過ごしました。

もう何十回と降りているインターを降り過ごした時の嫁の

 

(信じられない……)

 

って顔が忘れらません!へへへ!

 

こんな感じで、ポンコツな僕と家族の旅行記を綴っていきたいと思います。

ちょっとでも皆さんの九州旅行のお役に立てれば嬉しいです〜

 

では!ズートリノダがお届けしました!

また九州のどこかで会いましょう〜!

 

この記事のライター

野田 ゴリラ

フリーのウェブクリエイター/ブロガー。 愛する妻と可愛い子どもと35年ローンのためにも体を張ったお仕事をこなす毎日。肩幅と収入は関係すると信じており日々筋トレに励んでいる。 小卒という希少性の高い学歴と褒めビッチと呼ばれる処世術で生き延びている。

プロフィール・記事一覧へ

同じ特集の記事

Similar Articles

オススメの記事

Recommend Article
BBくん
面白かったらイイね!