トップ > 全県一覧 > 

沖縄で最も言葉の響きがエロい建物名/監視 case.38【秘密結社Q】

沖縄で最も言葉の響きがエロい建物名/監視 case.38【秘密結社Q】

 

 

 

「秘密結社Q」とは、

九州に潜伏し九州のあらゆるNo.1を

監視する組織である。

 

 

 

 

 

今回の標的

 

 沖縄県 

 

 

case.38 報告内容

 沖縄で最も言葉の響きがエロい建物名 

 

なんの因果もないのにエロい響き―…

そんな土地や名前が確かに存在する。

今回は、エージェント達にどことなくエロスを感じてしまう響きの建物名を挙げて貰った。

ちなみに豆知識だが、沖縄には漫湖という干潟が存在するぞ。

定例報告会の様子は動画で絶賛公開中だ。

 

 

 

 

 

 

【沖縄で最も言葉の響きがエロい建物名】

 

なかぐすく

漢字で書くと中城。
沖縄県中頭郡北中城村・中城村に存在した日本の城として
中城城(なかぐすくじょう)というものがある。

エロい要素は一個もないはずだが、ひらがな表記にすると確かに、そこはかとなくエロスの香りを感じる。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kouki Masuyama(@ko26masu)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

takahiro(@takahiro6020)がシェアした投稿

 

 


 

 

 

万座毛周辺活性化施設

読み方は、まんざもうかっせいかしゅうへんしせつ。

万座毛(まんざもう)は、沖縄県国頭郡恩納村にある名勝地で
海岸の絶壁にある岩は象の鼻の形をしており、観光客や写真家に人気。

恩納村の観光拠点として万座毛の魅力や歴史を紹介するためにオープンした施設が万座毛周辺活性化施設である。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

沖縄移住@2年目(@kei.oki.photo)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Keiko.s(@voxy_1109)がシェアした投稿

 

 


 

 

 

気まぐれポニーテール

沖縄県那覇市になるラブホテル。
アイドルの歌にありそうな可愛らしい名前だが、エロいというよりがっつりエロである。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

QB(@098qb)がシェアした投稿

 

 


 

 

 

玉陵(たまうどぅん)

玉陵は、沖縄県那覇市首里金城町にある、琉球王国第二尚氏王統の歴代国王が葬られている陵墓。
沖縄で最古かつ最大級の破風墓。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

澤田(@michael.vfr)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yanto no mizukusa(@yanto_no_mizukusa)がシェアした投稿

 

 


 

 

 

乙羽岳(おっぱだけ)

乙羽岳とは今帰仁村にある山。
乙羽岳山頂近くには乙羽岳森林公園があり、キャンプ場や展望台も併設されている。
今帰仁村の町並みと豊かな自然、青く輝く海が大パノラマで見渡せるスポット。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kousei(@t.t_kousei)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Keiichi Murakami(@keiich.murakami)がシェアした投稿

 

 


 

 

 

■ 秘密結社Qシリーズ:沖縄編 ■

 

 

 

 

この記事のライター

タッキュー事務局

プロフィール・記事一覧へ

同じ特集の記事

Similar Articles

オススメの記事

Recommend Article
BBくん
面白かったらイイね!