トップ > 全県一覧 > 

【宮崎代表】 しろめしゅらん / 冷汁

【宮崎代表】 しろめしゅらん / 冷汁

こんにちは!いちご農家の嫁・ライター茜が、宮崎県から白メシのお供を探してまいりました! 

 

宮崎といえば、食材の宝庫。宮崎牛を使った肉味噌や、漁獲量第一位のカツオを 使った生節など。選びきれないほど海と山の幸があります。

その中から選んだのは、「冷汁」!!

 

 

冷汁は出汁と味噌で味を付けた、冷たい汁物料理のこと。宮崎県の他にも、埼玉や 山形でも、それぞれ夏場の郷土料理として親しまれています。

しかし、料理するより食べる専門の私は、冷汁を作ったことがありません。

だって、用意する材料が多くて、意外と手間がかかるんですもの! 

 

冷汁の作り方はこんな感じ!

このレシピによると、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■材料:木綿豆腐、あじの干物、きゅうり、みょうが、青じその葉、みそ、だし汁、白いりごま、 白すりごま、ご飯

■作り方: 豆腐はちぎってペーパータオルの上にのせて水気をきり、あじは魚焼きグリルで焼き、粗熱が取れたら皮と骨を外して身 をほぐし、木べらにみそを塗りつけコンロの直火であぶって表面に焦げ目をつける…続く

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はい、レシピを見るだけでお腹いっぱいになってしまいます。

ってことで、今回ご紹介するのは冷汁のもと!

 

 

「 冷や汁3パックセット」 

 

作り方はカンタンで、豆腐ときゅうりを用意するだけで冷汁が出来上がります。

では、早速つくってみます。

 

 

きゅうり1/2本をスライスし、木綿豆腐1/2丁を手でほぐし、さらにうちの農園で育てている生キクラゲも加えてみました。

そこに冷汁の元を加え、冷蔵庫で冷やすこと1時間。

炊きたてアツアツのご飯の上にかけて、大葉を乗せれば完成!

カンタン!

(ちなみにこのお米は、近所の大先輩いさおちゃん(82歳)作のコシヒカリ)

 

 

ちょうど農作業からダンナが帰ってきたので、食べてもらうことにしました。 (娘の陽ちゃんも興味津々)

 

 

〜い!!!

 

「さらっとしてるのに、コクがある。夏のお昼ご飯はこれがいいな。」と、コメン トをいただきました。

 

 

箸が止まりません。笑

 

お好みでアレンジも

 

今回はベーシック寄りの冷汁のレシピでしたが、

お好みで刻んだミョウガ、ゆずこしょうなどを入れても美味しくいただけます!

ご飯は冷や飯でも大丈夫なので、ご飯が余ってしまった時にも、もってこいですね!

 

以上、夏にぴったりな、宮崎のご飯のお供をご紹介しました!

 

 

今回ご紹介した商品

冷や汁 3パックセット

購入はこちらから

この記事のライター

渡邉 茜

1990年湘南育ち。求人広告会社でコピーライター、デザイナーとして勤め、2017年日南市へ移住、結婚。2018年株式会社CdeF設立。現代版百姓としてイチゴ農家の嫁業、4コマ漫画家、チョークアーティスト、摂食障害カウンセラー、日南市の求人サイトの編集長をしている。一児のママ。

プロフィール・記事一覧へ

同じ特集の記事

Similar Articles

オススメの記事

Recommend Article
BBくん
面白かったらイイね!