トップ > 全県一覧 > 

[佐賀]温泉ソムリエが愛した湯〜家族湯編〜/熱くても源泉のまま入る!それが温泉ソムリエです!!

[佐賀]温泉ソムリエが愛した湯〜家族湯編〜/熱くても源泉のまま入る!それが温泉ソムリエです!!

温泉が世界を救う!…ハズ。
温泉ソムリエによる、愛すべき温泉の話。
九州各県の温泉ソムリエが愛する温泉について語ります。
一周目は家族湯!

再び登場、温泉ヘンタイ良榮です。

本拠地は佐賀ですが、どこそこの温泉地に出没している良榮さん

 

 

温泉にハマって6年。

最初に家族と温泉エピソードを少し……。

 

温泉にハマるまでは仕事一筋だった私ですが、

温泉の魅力に取りつかれた最初の1年は、子どもたちからも

「お母さんも趣味らしい趣味が出来てよかったね」と言われていました。

 

2年目には「いい加減にしなよ」と言われるようになり、

3年目には「また温泉?」……(肩身が狭かった)

4年を過ぎたころから自粛期間に入りますが、2週間が限度(短っ!)。

 

温泉に行かないと禁断症状が出るようになり、イライラ八つ当たり(笑)。

 

とうとう我慢が爆発して、

夜勤明けで昼になっても帰らない母に、

「どこいるの?」と子どもから電話が来て

「あ! 今、鹿児島」と返答する始末です。

 

それからしばらくして

「温泉行かないで食べて太るんだったら、温泉行って!」と

なんとな〜く許可も出たようなので

休みには温泉三昧を楽しませていただいております。

 

そんなことしてるから、こんなことに…笑。あ、前回のコラムで「野湯」の場所に関するお問い合わせがあったようですが、「野湯」なものでご勘弁を…

 

 

 

佐賀と言えば!の1300年の歴史ある武雄温泉へ

今回は、私の地元・佐賀県の家族湯をご紹介させていただくのですが…。佐賀県は温泉大国九州の中でも温泉が少なく、家族湯も多くはありません。九州で345カ所温泉地がある中で佐賀県は24カ所ともっとも少ない県なのです(環境省「平成29年度温泉利用状況」より)。

少ない中でも、佐賀県で代表的な嬉野温泉は「日本三大美肌の湯」としても知られていて、とても古い歴史のある温泉地です。残念ながら家族湯専門の施設はなく、旅館やホテルに併設された家族湯しかありません。

さて今回は、その嬉野温泉からほど近いところにある武雄温泉が主役です。こちらも1300年の歴史がある、歴史の長い温泉地です。

武雄温泉のシンボルとなっている楼門は、竜宮城を思わせるような鮮やかな朱塗りの建築物で、国の重要文化財に指定されています。東京駅と同じ辰野金吾氏の設計で、大正4年に建設され、平成25年に保存修復が行われ建造当時の朱色が復元されました。

 

異国を思わせる佇まいです

ライトアップされると幻想的に!

2階天井の四隅には「子」「卯」「午」「酉」の彫り絵があり、東京駅南北ドームの天井にある8つの干支と合わせて十二支になるというエピソードがあり話題となりました。

 

 

武雄温泉新館」資料館があり、お土産や陶芸体験もできるようになっています

大衆浴場「元湯」は、あつ湯とぬる湯があり、ぬる湯なのに42℃……

武雄温泉は「アルカリ性単純泉」で無色透明の優しい肌さわりが特徴です。この武雄温泉にぜひ一度は訪れて頂きたい家族湯(貸切湯)が、楼門の奥にある「殿様湯」。

 

楼門とは一変し、ひっそりしています。

こちらは「家老湯」。渋めです

 

江戸中期の武雄領主・鍋島氏の専用風呂として作られた「殿様湯」は、現在、立ち寄りで入浴することが出来ます。なんと!「江戸参府紀行」には、ドイツ人医師・シーボルトが武雄を訪れた際に入浴したと書かれています。

当時はヒノキの浴槽でしたが、明治9年に現在の建物に建て替えられ、浴槽は大理石へと変わりました。

 

映えること間違いなし!な「殿様湯」

 

総大理石で造られた見事な風呂に浸かると、とても贅沢な気分になります。

 

源泉かけ流しの熱めの湯を殿様と同じように一人で満喫し、

当時も同じように湯が流れていたんだろうな……と思いを馳せながら、

湯音を聴きながら目を閉じて、

歴史の中に身を沈める……なあんて、

ロマンチックな気分を味わいましょう。

 

 

 

さあ、今日の温度は? 計ります!絶対!

いつも持ち歩いている温度計

 

さて、ヘンタイ的にここのお湯を楽しみましょう。

 

成分表に書いてある源泉温度と、

湯船に注がれるお湯の温度は違うので、

だいたいいつも持参した温度計で、温度を計っています。

 

この日は実測で44.5℃。

 

44.5℃というと高めの温度になるので、普通の方はちょっと熱くて入れないかも(汗)

 

でも、44~46℃のあつ湯が一番好きな私は、

「気持ちいい〜」と感じながら加水することなく源泉かけ流しのまま入ります。

 

熱いお湯が苦手な方は、水を入れることもできます

……が!!!

熱いけどこの源泉のままのお湯に浸かって頂きたい。

 

なぜなら、トロトロ感が半端ない。

水で薄めると、どうしてもトロトロ感が少なくなります。

なので、まずはトロトロを肌で感じて頂きたい。

 

「いやいや! 熱くて入れないよ」とおっしゃるあなた!

かけ湯をしてください。

 

まずは、熱さに慣れるまで、足先から腰、腕……と、心臓から離れた場所にかけ湯をします。徐々に慣れてきたら、胸下にも同じくらいかけ湯を。最後に、肩からもかけていくと、次第に熱さを感じなくなっていくんです。たぶん、20杯以上はかけ湯するかな。

 

そうすると、体が温度と成分に慣れてきて、

スムーズに入浴できるんですよ。

 

無理して入って、体調を崩すのもいけないので、

ほどほど……ですが、

家族湯だからこそ、周囲に気を遣うことなく、

お湯の温度も入り方も、好みで楽しめるんですから、

このトロトロ湯を味わないのは損です。

もったいない。

 

ぜひ!ぜひ!

あつ湯のまま試してみてください。

 

家族湯の入泉券。土日祝日は1室1時間3,800円、平日割引料金は3,300円

この佇まい、もう旅館です

 

殿様のお風呂ということで4畳半と3畳の控室もあり、1室の定員は大人5人なので、グループで訪れるのもよいでしょう。

武雄温泉の歴史を感じていただき、近くのパワースポットとして有名な「武雄神社」の御神木・樹齢3000年以上の大楠で、心身ともにリフレッシュすると、笑顔になれること間違いなしですよ♪

 

武雄温泉「殿様湯」

住所

武雄市武雄町武雄7425

TEL

0954-23-2001

WEBサイト

http://www.takeo-kk.net/spa/001344.php

この記事のライター

良榮(りょうえい)

温泉にハマって6年と若輩者ですが、九州の温泉を中心に現在、700湯以上入湯しています。自称、温泉ヘンタイです。特に私は、泉質重視の温泉マニア。 さらに、旅館や温泉施設から野湯(自然の中に湧き出ている温泉)まで温泉さえあればどこにでも出没します。

プロフィール・記事一覧へ

同じ特集の記事

Similar Articles

オススメの記事

Recommend Article
BBくん
面白かったらイイね!