トップ > 全県一覧 > 

【宮崎代表】地酒選手権/黒霧島を超えた黒霧島EX!

【宮崎代表】地酒選手権/黒霧島を超えた黒霧島EX!

こんにちは!南国宮崎からは「3度の飯よりかき氷」の農家の嫁・ライター茜が宮崎の魅力をお伝えします。

 

今回のテーマは地酒!ということで、宮崎といえば焼酎。

 

実は私、ふるさとが岩手県ということもあり、宮崎に移住する3年前までは焼酎よりも日本酒派でした。しかし、宮崎の飲み屋に行くと、日本酒を置いているところの方が珍しく、「焼酎」のラインナップが豊富で驚きました。

 

宮崎の焼酎の特徴といえば、その多様性にあると言われています。例えば、鹿児島は芋焼酎、熊本は米焼酎、大分や長崎は麦焼酎、というように、各県おおよそ○○焼酎圏というくくりがあります。

しかし、宮崎の場合は焼酎圏が混在し、県内38社の焼酎蔵で、多種多様な焼酎が造られています。

 

今回、ご紹介する焼酎を1つ選ぶにあたって、色々と悩みましたが、県外の方でも比較的手に入りやすい、宮崎を代表する霧島酒造の焼酎に決めました!

 

霧島酒造株式会社は、宮崎県都城市に本社があり、本格芋焼酎「黒霧島」「白霧島」「赤霧島」などが有名です。

その中から選んだのは、新商品の「黒霧島EX」

※黒霧島
アルコール度数 25度
商品分類 本格芋焼酎
原材料 さつまいも、米こうじ
蒸留法 単式蒸留

 

「黒霧島EX」は、トロッとした甘みとキリッとした後切れが特徴の「黒霧島」の魅力をさらに磨いた本格芋焼酎。

 

ラベルは黄金比「あまみ・うまみ・まるみ・トロッと・キリッと」の五角形をデザインしているそうです。

 

 

実際に飲んでみると「まろやか〜!!」という印象。
まろやかさが勝つので、アルコールのガツンとノドにしびれる感じがないので、焼酎初心者の方にもおすすめできそうです。

これは、ぜひ飲み屋で地頭鶏の刺身や炭火焼に合わせて飲みたいですね。

 

私は大の甘党なので、邪道ながらバニラアイスにかけていただきました。

 

焼酎の香りの楽しめるデザートが自宅で楽しめるのは、至福の時間。寝る前にこそっと食べたくなるお味です。

 

今回は王道の霧島酒造の焼酎をご紹介しましたが、宮崎にはまだまだ魅力的な地酒があります。
現地でしか購入できないものも多いので、ぜひ焼酎めぐりに宮崎に足を運んでみるのも面白いと思います!

 

 

霧島酒造株式会社

WEB

http://www.kirishima.co.jp/

▼工場見学「焼酎の里 霧島ファクトリーガーデン」

「焼酎の里 霧島ファクトリーガーデン」は、霧島酒造が築き上げた焼酎造りの技術と精神に触れることができる、体験型の施設。霧島焼酎が生みだされる道のりを、歩きながら楽しめ、もちろん試飲もできます。ご予約はお電話で!

TEL

0986-21-8111

住所

〒885-0093
宮崎県都城市志比田町5480番地

WEB 

https://www.kirishima-fg.jp/factory

この記事のライター

渡邉 茜

1990年湘南育ち。求人広告会社でコピーライター、デザイナーとして勤め、2017年日南市へ移住、結婚。2018年株式会社CdeF設立。現代版百姓としてイチゴ農家の嫁業、4コマ漫画家、チョークアーティスト、摂食障害カウンセラー、日南市の求人サイトの編集長をしている。一児のママ。

プロフィール・記事一覧へ

同じ特集の記事

Similar Articles

オススメの記事

Recommend Article
BBくん
面白かったらイイね!