トップ > 全県一覧 > 

[宮崎] 私を狂わせた店 スナックあぶらつ公民館

[宮崎] 私を狂わせた店 スナックあぶらつ公民館

「狂わせ度」ナンバーワンの店が、公民館!?
あなたも確実「狂わせられる」と断言できるお店が登場。
皆さんも一度訪れてみてはいかがでしょうか?

どうもこんにちは。土屋望生です。
Touch your Qshuでパーソナリティーをやらせていただいてます。
いつもは動画でやいのやいのわいのわいの言ってるだけの土屋がなぜここにいるか。
それは私も記事を書かせていただいたからです。

 

では、なぜこんな左の眉毛だけつりあがったなんともいえない表情をしているかというと、
それは、あるお店を思い出してしまったからです。

そう、私を狂わせたあのお店を…。

 

この記事のテーマである「私を狂わせたお店」。
「狂わせ度」で言うと、私がこれから紹介するお店が一番である可能性が高いです。

いや、確実に一番「狂わせられる」と断言できます。

しばし私の思い出話に付き合ってください。

 

 

私を狂わせたあの店に出会った日

ーーーー2017年某日

私はとある仕事の出張で、仕事仲間数十名と宮崎県日南市を訪れました。
大好きな人々に囲まれながらの出張だったということもあり、仕事もはかどりました。

そして、仕事の後はもちろん飲み会。

そして、飲み会の後はもちろん飲み会。

実は、宮崎県日南市は「人口に対するスナックの開業率が日本一」で、もちろん二次会以降はスナックコースになるわけです。

 

というかスナック開業率日本一ってすごくないですか?
「最近けっこう時間もあるし、パートでもしようかしら、うーーん、あ、そうだ、スナック開こ♪」みたいな感じで、スナック開業を進める素敵淑女奥様方がたくさんいるのでしょうか。

まあそんなことを考えながら夜の道をぐんぐん進みます。

すると、アテンドをしてくださる日南市の方々からこんな会話が聞こえます。

「二次会どうする?公民館行く??」

「そうだねーー、二次会行く人数も多いし、公民館がいいかー」

「公民館にしよう!皆さんこちらでーーす!!」

公民館…?なるほど、確かに人数は20名以上。小さなスナックでは対応できないでしょうし、街の集会所的な所に行ってまあいったん落ち着きましょう的なね。そういう段取りをしてたんかな?大規模の人数は大変だなあ…。

そんなことを考えながら夜の街をぐんぐんぐんぐん進みます。

 

日南の人


ここの3階になりまーす!

土屋


(3階??ご年配の方の使いやすさを何より最優先にに考えられるはずの公民館にしてはアクセスが悪くないか…??

日南の人


あれが看板です!すごいでしょ!

 

 

 

えーーーーーーーーー!!!!!
そっちーーーーーーー?????

 

 

町の公民館に飲み行くんじゃなくて、スナックの名前が公民館なの??
え?なんで?なんでそんな名前にしたの???
地域からの反対とかなかったの??

あらゆる疑問を押しのけ店内へ進みます。

 

階段を上がってお店のドアの前へ到着。

 

 

公民館とは一体!?いよいよ到着

土屋


失礼しまーす…。

 

うっっわ!!

 

 

店内めっちゃ黄色!!!

あれれ!!これ!!!

 

これあれだ!!

 

運動会と誕生日パーティーでしか見たことないひらひらの花のやつだ!!(誕生日パーティーとか行ったことないけど!!)
なんでこんなにびっちりしきつめてあんの!!

まあとりあえず飲むか。。。
(土屋はウーロン茶のロックしか飲めません。)

 

飲み物とおつまみは割と普通だ…。
まあそりゃそうか、見た目とお店の名前がちょっとあれなだけで(いい意味で)あとは普通のスナックだ。

 

なんかひらひらの花とかあるし店内かなり黄色だしお遊戯会みたいでちょっと楽しいかも。

と、油断をしているその時。
あの名曲「キューティーハニー」が流れ出しました。

 

 

私を狂わせた宴の開始

土屋


(何かが始まる…?)

 

お?

あ、お姉さんが歌ってくれるのね。
なんかセクシーで見とれるわ。

 

お?

 

おやおや?

 

めっちゃ躍るやん!!

 

公民館のお姉さま


ハイハイハイ!!!(曲のテンポに合わせて)

公民館のお姉さま


たなかさ~~~ん!!!

 

公民館のお姉さま


フラ~~ッシュ!!!

 

公民館のお姉さま


ニイサ~~ン!ニイサ~~ン!ヨンハチゼロイチコウミンカ~ン!!
ハイ!ハイハイハイ!!!ハッスルハッスルー!!!

 

なんて独特な合いの手とコール!

土屋


このコールはなんて言ってるんですか…?

日南在住男性A


234801公民館。数字はこのお店の電話番号。

土屋


なんて独特…!

 

その後も、

歌って

 

踊って

 

合いの手をいれて

 

ハッスルする

 

お客さんがハッスルできない感じの曲を入れて歌っても

 

全力で合いの手を入れて

 

全力で躍る。

ちなみにこの時はお客さんが「世界に一つだけの花」を歌っていました。
「もーともーととーくべーつなおーんりーわーん」の所です。

そんな感じで彼女たちがあんまりにも全力なもんですから、

 

ばっちりスーツで遅刻とか絶対したことなさそうな
真面目オーラ全開のお客さんたちも、
一緒に立って躍るし歌うし

 

楽しいったらありゃしない。

恥ずかしいとか、そんな気分じゃないとか、そんなこと言ってる場合じゃなくなるのです。
とにかく踊って歌ったほうがいいに決まってる!そんな気分になっていきます。

そしてそんな雰囲気を作ってくれる彼女たちは、とにかく全力なのです。

 

 

 

スナック「公民館」
そのコンセプトと名前のの理由をママに聞いてみた

ママに話を聞いてみることにしました。

 

土屋


なんでこんなコンセプトでスナックやられてるんですか?

ママ


とにかく来てもらった人には元気になってほしいじゃない!みーんなに集まってみーんなに楽しんで欲しい!

 

土屋


なるほど!お店のコンセプトを説明しながら日南の花火大会をアピールするとは、なんて抜け目のない!!ちなみになんで『公民館』なんて名前なんですか?

ママ


それはね・・・

 

ママ


彼女とか、奥さんがいる人がお店に来ても『公民館に行ってくる』って言ったらそんな嫌な気持ちしないじゃない?

日南在住男性A


大変お世話になっております!

 

 

土屋


配慮全開のネーミング!その恩恵を受けてる人が今まさにここに!

日南在住男性B


公民館で打ち合わせって言えちゃいますもん!

土屋


打ち合わせはほのかに嘘なのでは。。。いや、合いの手を打ち合うと打ち合わせになるのか…?

 

お店から出る直前は、みんなこんな感じになるんだとか。

入店時にはおとなしそうな顔だった方々も、えらくはっちゃけて
「また絶対来るね、今度はあの人を連れてこよう。」なんて
会話をしながら店を出ていくそうです。

ちなみに真面目一辺倒な一部上場企業の社長を踊り狂わせた実績も多数あるんだとか。
真面目な社長さんは、来店直後にド肝を抜かれたに違いありません。
そして帰るころにはご機嫌に躍っていたに違いありません。

 

 

あの日を振り返って

私の思い出話に付き合っていただきありがとうございました。
いかがでしたでしょうか?
私がなんとも言えない表情をしている理由がわかりましたでしょうか?

私の64キロバイトくらいの脳では処理しきれない「スナック公民館」に行ったその思い出を振り返り、改めて自分の中のスナックの概念を広く持とうと誓った顔なのです。

とにかく、とにかくあのお店に行くといつの間にか歌ってるし踊ってるのです。

すべてから解放された気分になり、その場の楽しさに身を任せることができる空間。
そこにいざなってくれる美しいお姉さんたち。
なんだか今日はもうはっちゃけたい!!!身体にたまったモヤモヤをぜーーーんぶ吐き出したい!!!そんな方にはうってつけの場所です。

私はこのお店を通して、「美人の全力合いの手ダンスを見せられると、人は魔法にかかったように自分も狂い楽しんでしまう」という大発見をしました。
「狂い楽しむ」という新しい日本語も生み出してしまいました(「食べ歩く」と同じジャンルの日本語だと思います)。良いこと尽くしです。

スナック公民館。
あれほど「狂わせ力」をもったお店での夜を私は忘れません。

皆さんも一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

私が今後記事を書くことがあるかどうかは分かりませんが、また会う日まで。
それでは失礼いたします。

 

 

 

(九州のスナック番長になりたい)編集長から一言

 

(九州のスナック番長になりたい) 福永あずさ

 

よく、スナックでおもむろに 名刺を出し始めるヒトは ナンセンス、なんて言われます。 アドリブだらけのフリーな場では、 「肩書」はもはや意味をなさないのです。 あの糸井重里さんも、 「スナックの真骨頂は無駄話だ」と おっしゃっています。 アドリブさいこう! ムダ話さいこう! 日南を訪れた際はぜひ「公民館」へ。 「20時〜公民館@油津」って 手帳に書いてみたくないですか? 

 

スナックあぶらつ公民館

住所

宮崎県日南市岩崎3丁目5 丸山ビル3F

電話

0987-23-4801

営業時間

20:00~翌02:00

定休日

月2回 日曜

この記事のライター

土屋 望生

熊本県五木村にあるまちづくり会社(株)日添で、五木村や人吉球磨の人々がもっともっと活躍できる小商いづくりや場所づくりに取り組んでいます。2018年4月に東京から五木村にUターン。好きなことはとことん全力で遊ぶこと、好きな人たちと一緒に仕事をしたりたわいもない話をすること。

プロフィール・記事一覧へ

同じ特集の記事

Similar Articles

オススメの記事

Recommend Article
BBくん
面白かったらイイね!